グレインフリーのキャットフードとは?メリットや選ぶときのポイントをご紹介

キャットフードについて調べているとよく見かける「グレインフリー」というキーワード。グレインフリーとは一体何なのか、グレインフリーの何が良いのか、気になっている方も多いのではないでしょうか?
今回は、グレインフリーのキャットフードについてご説明します。

グレインフリーとは?

まずは「グレインフリー」という言葉の意味から見ていきましょう。

グレインフリーの意味

グレイン(grain)とはずばり「穀物」のこと。グレインフリーとは「穀物を使用していない」「穀物不使用」という意味を表す言葉です。

具体的には、小麦、トウモロコシ、米などの穀物を使用していないことを指します。

 

グルテンフリーとの違い

グレインフリーと近い言葉に「グルテンフリー」があります。

グルテンとは、小麦などに含まれるタンパク質「グルテニン」と「グリアジン」が絡み合ってできたもの。「グルテンフリー」とは、この「グルテンが含まれない」という意味を表す言葉です。

グルテンフリーのキャットフードは「グルテンが含まれないキャットフード」ということですので、小麦以外の穀物、たとえばトウモロコシや米などは使用されていることがあります。

 

グレインフリーキャットフードのメリット・デメリット

続いて、グレインフリーキャットフードのメリットとデメリットをご説明します。

メリット

肉食動物である猫は、もともと大量の穀物を食べる習慣がないと言われています。そのため、穀物を多く使用したキャットフードを食べ続けると、愛猫の体に負担をかけてしまう恐れがあるのです。

穀物を使用していないグレインフリーのキャットフードは、猫の本来の食生活に適しており、愛猫の体に負担をかけにくいと考えられます。

 

デメリット

グレインフリーのキャットフードは、穀物を使用しないぶん、肉や魚などの配合量が多くなる傾向にあります。

タンパク質がしっかり摂取できるため、健康な愛猫には良いのですが、腎臓病などでタンパク質の摂取量を控えるべき愛猫には注意が必要です。体調に不安のある愛猫の場合は、必ずかかりつけの獣医師に相談するようにしましょう。

 

グレインフリーキャットフードを選ぶときのポイント

グレインフリーキャットフードのメリットとデメリットを踏まえて、いざ愛猫のためにグレインフリーキャットフードを選ぼう!となったら、いくつか確認しておきたいポイントがあります。

主原料を確認

まずは主原料をしっかりと確認しましょう。

キャットフードの原材料は、基本的に配合量が多い順に記載されています。原材料の最初に記載されているものが主原料となるので、ここに何が来ているかに注目すると良いでしょう。

グレインフリーで肉や魚がたっぷり使われているキャットフードかと思いきや、主な原材料はイモ類だった…ということもあり得ます。猫は肉食動物なので、原材料の最初に肉や魚などの動物性原材料が記載されているキャットフードを選ぶのがおすすめです。

 

動物性原材料を確認

続いて、動物性原材料に何が使われているかも要チェックです。

肉や魚など、主なタンパク質源となる動物性原材料は、愛猫の体をつくる上で大切な要素です。また、特にアレルギーが気になる愛猫の場合は、動物性原材料の中にアレルギーを持っている食材が含まれていないか注意が必要です。

 

植物性原材料を確認

グレインフリーキャットフードの場合、植物性原材料に何が使われているかも大切なポイントです。穀物を使用していないかわりに、食物繊維源や炭水化物源としてどのような食材が使われているか確認しましょう。

 

成分を確認

穀物を使用せず、動物性原材料が多く配合されているグレインフリーキャットフードの場合、タンパク質や脂質の割合が高めになることがあります。そのため、タンパク質・脂質・粗繊維・灰分・水分・エネルギーといった成分のバランスをしっかり確認するようにしましょう。

健康な愛猫にとっては良い成分バランスのキャットフードでも、肥満や腎臓病などでタンパク質や脂質を控えるべき愛猫にとっては注意が必要なことがあります。そのような場合は、必ずかかりつけの獣医師に相談するようにしてください。

 

まとめ

最近注目が集まっている「グレインフリー」というキーワード。

グレインフリーキャットフードにもいろいろな種類があり、グレインフリーだから良い・悪いと一概には言えません。グレインフリーのメリット・デメリットや、グレインフリーキャットフードの中での違いをしっかりと理解して、愛猫に適したドッグフードを選んであげてくださいね。

 

この記事をシェアする
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE